メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
最新情報
- 平成28年
5月災害ボランティア養成講座

日 時: 5月21日(土)午前10時〜22日(日)午後6時
受講者: 7人
場 所: 至誠館
講 師: JDSA代表理事 馬場賢親講師
内 容: 至誠館災害ボランティア養成講座「テクニカルキャンプ講習」として一泊トレーニングを行ない、緊急避難訓練などを通じ、災害ボランティアについて学びました。



5月青少年自然塾

写真 写真

 5月15日、千葉県船橋市へ田植えに行きました。最初は、恐る恐る泥の中に足を入れていた子供達も次第に要領をつかみ、タニシやカエル捕りにも夢中になりました。



5月武学

写真 写真

日 時: 5月14日(土)午後1時〜午後3時
参加者: 45人
場 所: 至誠館第二弓道場会議室
講 師: JA全農職員 元震災復興課所属 畑元 遼講師
内 容: 「六年目を迎える被災地の農業復興の現状」をテーマに武学講座を開催しました。 至誠館の門人でもある講師が現地において実際に経験した内容を基に、未だに復興の終わっていない現地の状況と日本の農業の課題等についてご講義いただきました。



御嶽山で春の武道合宿

写真 写真

 5月4日から8日まで、東京都青梅市御岳山で武道合宿を行いました。今年もスイス、ギリシャ、モスクワ大学の学生等、海外からの参加者があり、21人での合宿となりました。
 毎朝、滝での禊行から始まり、日が沈むまで山の中での稽古が行われ、寝食を共にしながら武道修練に励みました。




4月青少年自然塾

写真 写真

 4月16日、明治神宮で林苑の管理をしている田中主幹のご案内で明治神宮の杜を歩きました。
 参道脇にたくさん生えている青木には雄の木と雌の木があることなど、驚くことがいっぱいでした。




第31回昭憲皇太后祭記念奉納遠的射会

 4月10日、第31回昭憲皇太后祭記念奉納遠的射会が行なわれました。今回も幅広い年齢層で、84人の参加がありました。
 大会に先立ち、明治神宮の御本殿で正式参拝を行い、開会式では荒谷卓館長の挨拶に続き、恒例により200射奉納者と100射奉納者にそれぞれ記念品が贈呈され、参加者はそれぞれ20射を奉納しました。




4月武学

写真  

日 時: 4月9日(土)午後1時〜午後3時
参加者: 85人
場 所: 至誠館第二弓道場会議室
講 師: 明治神宮―神道文化研究所主任研究員 今泉宜子講師
内 容: 「慈しみの国際貢献―赤十字―『昭憲皇太后基金』の歩みと明治神宮」をテーマに武学講座を開催しました。『昭憲皇太后基金』によって、世界のどのような国でどのように役立っているかを、講師の現地取材を基に学び、坤徳(こんとく=皇后の徳)を仰ぎつつ、私達にもできる国際貢献について考えました。



4月災害ボランティア養成講座

写真 写真

日 時: 4月3日(日)午前10時〜午後6時
受講者: 7人
場 所: 至誠館本館弓道場
講 師: JDSA代表理事 馬場賢親講師
内 容: 至誠館災害ボランティア養成講座「ベーシックサポート講習」として、ボランティアとして活動する際の事前準備や情報収集、ボランティア活動後のケアに至るまで、実際に災害ボランティアとして活動するに当たって必須の教養を学びました。



第2回 日独青少年交流事業

写真 写真

 3月21日から26日まで、荒谷館長の引率で武道研修科の高校生5人がドイツのマインツ市に赴き、現地で合気道と剣術を学ぶAikido Dojo Mainzの門人約30人と交流をしました。武道の合同稽古や文化研修、またプファルツ地方の大自然の中で行われた合宿を通して、両国の青少年は相互の理解と友好を深めました。
 平成26年に第1回日独青少年交流事業(於:武道場至誠館)に参加した門人はこの度ホストファミリーとなり、日本人をあたたかく迎え入れ、さまざまななドイツの魅力を教えてくれました。日独双方にとって、将来的な成果が期待できる良い機会となりました。




3月災害ボランティア養成講座

写真 写真

日 時: 3月20日(日)午前10時〜午後6時
受講者: 8人
場 所: 至誠館本館二階研修室
講 師: JDSA代表理事 馬場賢親講師
内 容: 至誠館災害ボランティア養成講座「ハートフルサポート講習」として、各種障害の体験とそのサポート方法について実技を通じて学びました。災害時に必要になってくる心配り等は講師の実体験に基づいた話もあり、被災地の状況を学ぶ良い機会ともなりました。



3月青少年自然塾
写真 写真

 3月12日、至誠館本館二階研修室でナイフでの皮むきをしました。それぞれ家から持ち寄ったニンジン、サトイモ、カブなどで練習した後、リンゴの皮むきで誰が一番長く皮を剥けるかの競争をしました。



2月災害ボランティア養成講座

写真 写真

日 時: 2月28日(日)午前10時〜午後6時
受講者: 10人
場 所: 至誠館本館二階研修室
講 師: JDSA代表理事 馬場賢親講師
内 容: 至誠館災害ボランティア養成講座「レスキューサポート講習」として、応急救護処置や心肺蘇生、AEDの使用方法について実技を行いました。



2月青少年自然塾

写真 写真

 2月27日、肥後守(ひごのかみ)などのナイフを使って、竹細工をしました。昨年はみんなで箸を作りましたが、今年は竹刀(しない)や竹とんぼなどそれぞれ思い思いの作品を作りました。



2月武学

写真  

日 時: 2月13日(土)午後1時〜午後3時
参加者: 71人
場 所: 至誠館第二弓道場会議室
講 師: 至誠館館長 荒谷 卓
内 容: 「戦略的発想で神武建国の理念を考える」をテーマに武学講座を開催しました。
戦略的発想の重要性と、現代においていかなる戦略を持つべきであるか等を荒谷館長の実務経験を基に講義が行われました。



1月青少年自然塾

写真 写真

 1月16日、至誠館本館二階研修室でけん玉、めんこ、おはじき、お手玉、駒まわし、あや取り、ゴム跳びなど「昔あそび」をしました。皆が目を輝かせて夢中で遊んでいました。



寒稽古

写真 写真

 武道研修科が1月11日から17日の間、剣道科、柔道科、弓道科は1月18日から24日の間、毎朝6時30分から寒稽古が行われました。
 16日には毎年恒例の禊行も行われました。




武道事始

写真 写真

 1月10日、平成28年の武道事始行事を開催しました。
 祭典が執り行われた後、各科師範による演武、館長演武が行なわれました。
 その後、記念講演として中山恭子参議院議員を講師にお迎えし、「政治の課題〜拉致問題の解決に向けて〜」というテーマでウズベキスタンや北朝鮮での日本人救出に関わったご経験についてお話いただきました。




- 平成27年
平成27年末の大掃除

写真 写真

 12月6日、今年一年の煤払いとして、約250人の門人により大掃除が行なわれました。大掃除の後は毎年恒例の餅つきも行なわれ、一年の締めくくりに向けて清々しい一日となりました。



新嘗祭に参列

写真 写真

 11月23日、武学の一環として明治神宮の新嘗祭に荒谷館長以下門人19人が参列しました。
 祭典の後、御社殿郡の廻廊にお供えされた野菜の宝船や全国からの奉納品を拝観し、豊作の喜びと感謝の心を分かち合いました。その後、参加者は至誠館の図書室にて関係資料を閲覧し、日本の文化と心について考える機会となりました。




11月武学

写真 写真

約250人の門人により大掃除が行なわれました。大掃除の後は毎年恒例の餅つきも行なわれ、一年の締めくくりに向けて清々しい一日となりました。

日 時: 11月21日(土)午後1時〜午後3時
参加者: 約50人
場 所: 至誠館第二弓道場会議室
講 師: 剣道科主席師範 西川清則師範
内 容:  「剣道一筋五十年」をテーマに剣道科主席師範である西川清則師範による武学が開催されました。ご自身の目指してこられた剣道や、剣道を通じて経験された事柄についてお話しいただき、困難な状況を乗り越える精神や稽古に臨む姿勢などについて講義していただきました。




オーストラリア陸軍副司令官一行が来訪

写真 写真

 11月18日、陸上幕僚監部防衛部国際協力室長の案内によりオーストラリア陸軍副司令官一行12人が来館しました。参拝の後、至誠館で剣術や体術などの 演武を見学し、館長以下門人と懇談を行ないました。



ISBA海外女性グループ来日

写真 写真

 ISBA(国際至誠館武道協会)の傘下道場より、有志の女性グループ13人が11月1日から10日間、至誠館にて武道研修を行いました。道場での錬成の他、期間中は青梅の御岳山にて禊行を行い、精神鍛錬に励みました。
 また、3日の例祭参列の後、流鏑馬ほかさまざまな奉納行事を拝観、日本文化に対する理解を深め、参加者はそれぞれの思いを胸に日本を後にしました。




10月武学

写真 写真

日 時: 10月31日(土)午後1時〜午後3時
参加者: 45人
場 所: 至誠館二階研修室
講 師: 産経新聞本社編集局社会部編集委員 加藤達也講師
内 容:  「我が国に覚悟はあるか、8ヶ月の出国禁止を経験して」をテーマに、産経新聞本社編集局社会部編集委員の加藤達也講師による武学が開催されました。韓国での出国禁止処分を受けた経緯やその時の両国の対応等、そこから見えてくる日本の課題や取るべき立場などについて講義していただきました。




10月青少年自然塾

写真 写真

 10月24日、明治神宮の森の管理をしている田中林苑主幹に案内していただきました。ギンナンやドングリがたくさん落ちている森の中を歩きながら、高い木、中くらいの木、低い木など木にもいろいろな種類があることを教わりました。



開設42周年記念行事

写真 写真

 10月12日、至誠館の開設42周年記念行事が開催されました。
 まず祭典が執り行われた後、剣道科、柔道科、武道研修科、弓道科の各科と館長による奉納演武が行なわれました。続く記念講演では明星大学教授の高橋史朗氏に、「戦後70年と教育勅語」と題してお話ししていただきました。




第13回 代々木の杜武道塾を開催

写真 写真

 10月11日、東京大学、中央大学、専修大学、金沢大学、富山大学から約90人の合気道部員が参加し、禊行と稽古を行いました。早朝の禊行では初めて禊を行う学生も多く、参加者からは、「貴重な経験になった」との声が。午前の稽古は体術を中心とした稽古、午後は剣術を中心とした稽古を行いました。



サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ 最新情報 至誠館の歩み 図書紹介 入門案内・施設概要・地図 コラム「大和心」 武道とはなにか 寄稿「私と武道」 海外要人の来訪 各課の鍛錬時間 年間行事とお知らせ 国際交流 至誠会(門人の会)便り