メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
神道一般
神社・神宮・宮・大社の違いは何ですか?
Answer 神社の呼び方には「○○神社」また明治神宮のように「○○神宮」、そして「○○八幡宮」や「○○大社」「○○社」など様々な呼び方があります。はじめに明治神宮のように「○○神宮」と称するものには、そのほかに熱田神宮・香取神宮・平安神宮などがありますが、これらは古代から皇室と深いつながりを持つ神社、あるいは天皇を祭神とする神社です。

 また北海道神宮・英彦山神宮は戦後になって「○○神宮」を称しましたが、その際には特に御聴許を願い出た上で改称しています。そして「神宮」といった場合、これは伊勢の神宮を指します。「伊勢神宮」は通称で「神宮」が正式な名称です。

 「○○宮」には鎌倉宮※1のように親王
※2を祭神とする神社のほかに筥崎宮のように古来から「○○宮」と称する神社があります。また東照宮※3・水天宮※4・天満宮※5・八幡宮※6のように伝統的な呼称(神仏習合時代に成立した呼称が多いようです)に基づくものもあります。

 つぎに「○○大社」については、かつての官国幣社制度
※7の下では出雲大社だけが「大社」を称しました。しかし、戦後になってからは住吉大社・春日大社・諏訪大社・三嶋大社・富士山本宮浅間大社などのように、「大社」の呼称が増加しています。この基準としては全国に多数ある同名の神社の中で宗社にあたる神社であって、旧社格が官幣大社・国幣大社であることを基本としています。いずれにしても今日では、これら呼称の違いは神社の格の上下を律するというより、由緒に定められているものといえます。

 「○○社」の称号は、大きな神社から御祭神を勧請した神社に用いられ、神明社
※8や天神社※9などがあります。
※1鎌倉宮 護良(モリナガ)親王(後醍醐天皇の皇子)をまつる。明治2年鎌倉市二階堂に鎮座。
※2親王 嫡出の皇子および嫡男系出の皇孫である男子の称号。
※3東照宮 徳川家康をまつる神社。東照大権現ともいう。はじめは東照社と称したが正保3年(1646)日光の東照社が完成し、宮号を授けられて以後、全国に散在する東照社も東照宮と改称。日光および久能山の東照宮は後に別格官幣社となる。
※4水天宮 1.福岡県久留米市にある元県社。祭神は安徳天皇・建礼門院。舟人の守護神として尊信が篤い。全国水天宮の総本社。

2.東京日本橋にある神社。江戸時代、久留米藩主有馬頼徳が福岡の水天宮の分社として創建したのに始まる。水神または安産の~。
※5天満宮 菅原道真をまつった神社の宮号。北野天満宮・太宰府天満宮・大阪天満宮など全国各地にある。
※6八幡宮 大分県宇佐市に鎮座する宇佐八幡宮を全国八幡の総本社とする。一般に応神天皇・比売(ヒメ)~・神功皇后をまつる。源頼朝が鎌倉の鶴岡八幡宮を創建されてから武士の信仰が広まった。
※7官国幣社 平安時代に制定された神社制度。国から幣(ぬさ)が奉られる神社を官幣社、地方の国司から奉られる神社を国幣社と分けた。
※8神明社 中世以降、伊勢神宮の神霊をまつった神社。
※9天神社 菅原道真をまつった神社。
国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問