メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
明治神宮関係
なぜ、明治神宮では菊と桐の紋を使っているのですか?
菊紋『菊』は春の桜と並び日本を代表する花であります。昔から日本では菊は花の中で最も高貴とされ(中国では牡丹が最高の花)「百花の王」「群芳の貴種」とされてきました。ところが意外なことに日本原産の花ではないのです。菊は古代バビロン※1の時代より装飾として使われ、古代インド・中国・朝鮮でも建築装飾に用いられ、日本には中国を通じて奈良時代に輸入されました。伝来当初は現在のような鑑賞用としてではなく、邪気をはらう不老Answer長寿の薬として伝わったようです。また花の形が太陽の形(日輪)に似ていることから、天照大神の信仰とも結びついて日の御子・天皇の象徴とされ、永遠の弥栄を祈る思想が受け入れられたのでしょう。平安時代には広く菊の文様が使われるようになりました。

 皇室で初めて菊の紋が使用されたのは後鳥羽上皇※2の御代で上皇は個人的に菊を好まれ刀や輿車・御服などに菊紋をつけましたが、それが代々天皇家にて受け継がれていき、いつしか皇室の御紋章となったのです。
『桐』は中国の古い思想で聖天子の出現をまって現れる瑞鳥・鳳凰が住むめでたい樹でありました。我が国では平安初期(嵯峨天皇※3の時代)天皇がお召しになられる黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)※4に竹と鳳凰と麒麟、そして「桐」が描かれてあり、時代が下るにつれ政府機関に用いられる装飾の文様に使われたり、また菊紋の代用として用いられ、国家政府のシンボルのような役割を果たしてきました。 この2つの紋章は成立事情から菊紋は私的な紋章(後鳥羽上皇が個人的にご使用されていた為)で表紋的※5な要素が強く、逆に桐紋は政府機関の公的な紋章で替紋的※6な性質を持っています。 明治神宮のご祭神は明治天皇様と昭憲皇太后様ですので、このような理由から明治神宮の建造物には至るところに菊紋が使われているわけです。(桐紋は南神門両脇門の扉に描かれているだけ)

 ところで、ご社殿についている菊の紋をよく見ると花びらの数が十六弁(枚)ですが、授与品(主に縁起物)やまた授与品を入れる袋に描かれている菊紋は十二弁(枚)になっています。次にこの疑問についてご説明いたしましょう。

 皇室の正式な菊紋は十六弁です。明治神宮創建(大正9年11月1日)当時、この皇室の十六弁の菊紋使用については、まだ規則がなかったので明治神宮の建造物には菊紋がたくさん使われています。しかし、これを記念品・印刷物などに使うことはなかったそうです。昭和40年に明治神宮独自の神社紋の必要性を感じ、同年10月1日、菊紋と桐紋を併せデザイン化したものを考え、皇室の十六弁の菊を十二弁に、五七の桐※7を五三の桐※8にして皇室には御遠慮申し上げて、明治神宮にふさわしい落ち着いた高尚な紋章を制定したのでした。以来、明治神宮には建造物に使われている十六弁の菊紋の他に、記念品や印刷物には十二弁の菊紋使われるようになったのです。
※1「バビロン」 チグリス・ユーフラテス川地域で栄えた古代都市。(BC3000年)当時世界文化(メソポタミア文明)の中心であった。
※2「御鳥羽上皇」 鎌倉時代の天皇。和歌管弦に通じ、藤原定家に「新古今和歌集」を選ばせた。
※3「嵯峨天皇」 平安時代の天皇。桓武天皇の皇子、三筆の一人、蔵人所・検非違使の設置、「新撰姓氏録」「弘仁格式」を勅撰した。
※4「黄櫨染御袍」 天皇が宮中三殿の恒例祭祀や儀式の際、お召しになる御服。嵯峨天皇の詔によって定められた。
※5「表紋」 定紋(じょうもん)として用いる紋。
※6「替紋」 定紋にかえて用いる紋。裏紋。
※7「五七の桐」 花の数が中央が七、左右が五の数の桐紋
※8「五三の桐」 花の数が中央が五、左右が三の数の桐紋
国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問