メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
明治神宮関係
なぜ、明治神宮のおふだの宮には「ノ」が入っていないのですか?

おふだ

 皆さんのなかに、明治神宮でおふだを受けられ、そのおふだを見て、宮の字に「ノ」がはいっていないことに気づかれたた方はいらっしゃいますでしょうか? 明治神宮が皆さんに授与しているおふだには、宮の字に「ノ」がはいっていません。何故でしょうか?
 この「宮」の字について考えてみましょう。ここで問題になるのは

Q1本当にこのような字があるのかQ2なぜ明治神宮で使っているのか

 では一番目の問題から入っていきたいと思います。 

 実は明治神宮だけではなく、伊勢神宮のおふだにも「ノ」が入っていないのです。 角川書店から出ている『書道字典』には昔の漢字の書体が出ていますが、それを見ますと「宮」の書体の種類は35種類あAnswerります。そしておどろくことに「ノ」がついていない「宮」の字が三十二もあるのです。

 また日本においても古代・中世は、「ノ」が入っていない「宮」の字が多いのです。ご存じのように漢字は象形文字です。「宮」の字は「屋根」の形をしたと部屋のと、そして廊下を意味する「ノ」から成り立っています。古代中国では建物と建物の間には廊下がなかったので、よっての字だったのですが、後に廊下がつくようになると宮の字も必然と「ノ」が入るようになったのです。つまり「ノ」の入っていない「宮」の字のほうが入っているのよりも古いということです。

 ですから日本でも当初は「ノ」の入っていない宮を使用したのでしたが、それが大正期になると公的機関で「ノ」を入れるようになりました。それ以後「宮」の字が圧倒的に多くなり、戦後では誰もが宮は「ノ」が入っているのが正しいと思うようになるのです。

 次に二番目の問題ですが、明治神宮ではなぜこの字を使っているのかについて説明いたします。明治神宮は大正9年11月1日創建されました。その第一日目より直会殿でおふだを授与したのですが、そのおふだを書いたのが、当時明治神宮造営局の第六代副総裁・床次竹二郎でした。そしてそのおふだには「ノ」が入っていなかったのです。 

 以来明治神宮のおふだは、この字を基本にしてきたのです。

国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問