メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
明治神宮関係
明治神宮の森が人工林というのは本当ですか?
 明治神宮が出来る前はこの辺り一帯は南豊島御料地(皇室の所有地)といって、現在の御苑一帯を除いては畑がほとんどで、荒れ地のような景観が続いていたそうです。

 大正4年から造営工事が始まりましたが、全国から植樹する木を奉納したいと献木が集まり、北は樺太(サハリン)から南は台湾まで、日本だけではなく満州(中国東北部)朝鮮からも届き、全部で約10Answer万本の木が奉献されました。

 当時その種類は365種でしたが、東京の気候にそぐわない種類もあり、現在では246種類になってしまいました。樹木数は当時の12万本から今では約17万本に増えていて、御鎮座50年を機に境内の樹木の調査を行ったところ、わずか半世紀で自然の状態になっていることが解り世界的に注目を浴びました。

 創建当時は百年計画で植樹されましたが、明治神宮に奉仕する者にとって、明治天皇・昭憲皇太后両御祭神の御神徳と、近代日本の礎を築いてきた明治の先人達の積徳と共に、この森は永遠に子孫へ受け継いでいかなければならないと考えております。
国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問