メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
御祭神関係
昭憲皇太后基金「ショーケンファンド」って何ですか?
Answer 一般の人たちは聞き慣れない言葉で、何のことかわからないことと思います。なぜかというと歴史の教科書にはほとんど出てこないのです。ところが日本では知らなくても世界の人々の方がよく知っているのです。

 昭憲皇太后は明治天皇の皇后で、明治神宮の御祭神でもあります。この基金は明治45年(1912)、皇太后がアメリカのワシントンで開かれた第9回赤十字国際会議のさい、国際赤十字に対して贈られた10万円(現在の金額で約3億5千万円)をもとに創設されました。この基金は、ジュネーブに本部がある赤十字国際委員会と赤十字社連盟が共同管理にあたり、創設から10年目の大正10年(1921)から基金の利子を世界各国の赤十字社に配分し、保健衛生事業や災害救護活動などに使われています。この利子の配分は昭和19年を除いて絶えたことがありません。

 実はこのような基金は、ほかにもあったのですが、いずれも運営難に陥り、昭憲皇太后基金が現在、世界唯一の存在なのです。ではなぜ現在も残って利子配分が出来るのでしょうか?

 実は基金が増額されているのです。大正天皇の皇后・貞明皇后や香淳皇后、そして日本赤十字の名誉総裁であらせられます現皇后陛下も基金を下賜、増額されているのです。また明治神宮崇敬会においても会員の寄付や、外務省、それに基金の趣旨に共鳴して下さる個人等の寄付で現在においても増額されつづけています。


 現在この基金は毎年ご命日の4月11日に世界の赤十字社へ援助金の配布を行い、医療と福祉の充実に大きく貢献しています。
support.pdf 国際神道文化研究所サイトマップお問い合わせQ&A明治神宮外苑明治神宮の結婚式刊行物の御案内崇敬会について武道場 至誠館宝物殿明治神宮へのアクセス明治神宮の自然、みどころご参拝されるかたへ祭典と行事明治神宮とはトップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問