メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
御祭神関係
地名「習志野」の由来は何ですか?
 習志野は現在千葉県北西部にある住宅都市の地名です。実はこの「習志野」の名付け親は明治天皇さまなのです。
Answer
 この地はもと下総国千葉郡小金原(こがねはら)の一部で大和田(おおわだ)の里と呼ばれ、江戸時代は幕府直轄の牧場の一部でしたが、明治4年牧場が廃止され軍の演習地となりました。

 明治6年の4月29日、明治天皇は演習を御覧になられるため、みずから2800名の近衛兵を率いて将兵と共に2日間野営をなされ、将兵の苦労をご体験されたそうです。そしてその演習の中で特に指揮官の指揮ぶりは素晴らしく、指揮官のもとで近衛兵が規律正しく行動した様子を御覧になった明治天皇はことのほかご満足なされました。その時の指揮官をしていたのが篠原國幹(しのはら・くにもと)陸軍少将でした。

 天保7年(1836)12月5日に薩摩(鹿児島県)に生まれ、少年の頃から藩校造士館に学んで頭角をあらわし、文久3年(1863)に薩英戦争において戦いに加わり、明治元年の戊辰戦争には小銃三番隊長として活躍し、明治2年には鹿児島常備隊の隊長、4年には御親兵の大隊長となり、5年7月には近衛局出仕を兼ね陸軍少将になった人です。

 この演習後の5月13日に明治天皇は篠原少将を皇居へお召しになられ、今より後は演習した場所を「習志野原」(「篠原に習え」の意味)としなさいと仰せられ、以来この地は習志野と呼ばれるようになったのです。明治天皇の御製に

夏草も 茂らざりけり もののふの 道おこたらず ならし野の原(明治20年)

があります。この習志野原が明治6年陛下が御統監になられて以来、草が生えないぐらい、もののふたちが、たゆまず演習していることをお詠みになられたお歌です。
 この習志野原の演習は外苑聖徳記念絵画館に「習志野之原演習行幸」と題して絵画が展示されています。

もののふ 武勇をもって仕え、戦陣に立つ武人

国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問