メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
御祭神関係
「大祓」(おおはらい)とは何ですか?
 Answer
 人が知らず知らずのうちに犯した罪や過ち、心身の穢を祓い清めるための神事を「大祓」といいます。大祓の「大」は「公」の意味で、つまり個人だけの祓いではなく、日本国中の祓いなのです。毎年6月と12月の2回、その月の末日に全国の神社で行われ、6月の大祓を「夏越しの(大)祓」、12月の大祓を「年越しの(大)祓」ともいいます。

 大祓の起源を見てみると『古事記』に仲哀天皇が崩御されたとき、「国の大祓」を行った記事が出ています。また平安時代初期の国家の法制書『延喜式』にも、6月と12月の大祓が記されてあり、古くから行われていたことがわかります。
 大祓には「形代<人形>」(撫物ともいい、紙を人の形に切り抜いたもの)に、名前と年齢を書き、さらにその形代で身体を撫でて息を吹きかけます。そうすることにより、自分の罪穢を移し、それを海や川などに流し、わが身の代わりに清めてもらいます。

 話が少しヨコ道にそれますが、3月3日に行われるひな祭りで「流し雛」の行事がありますが、この「流し雛」はもともと形代が原型で、流し雛の行事自体が大祓と同じ罪穢を祓う神事でした。
 また、うっとしい梅雨になると「てるてる坊主」を軒さしに吊るして晴れることを祈りますが、このてるてる坊主も形代が原型です。ちなみに坊主頭をしているのは晴天の祈願をしたのが旅の僧や修験者だったからだそうです。

 大祓の話にもどりますが、6月の大祓では神社によって「茅の輪くぐり」が行われます。茅の輪をくぐるとき、「水無月の夏越の祓する人は千歳のいのちのぶといふなり」(拾遺和歌集)という歌を唱えるそうです。茅の輪の起源については、『備後風土記』逸文に蘇民(そみん)と巨旦(こたん)の兄弟がいて、ある時スサノオの神が宿を求めた際、弟の巨旦は泊めさせなかったのですが、兄の蘇民は快く泊めて優遇したのでした。スサノオの神は蘇民の一家に茅の輪を渡し、「もしも疫病が流行したら、その茅の輪を腰につけなさい」といって去りました。何年か後疫病が流行した時、そのとおりに茅の輪をつけたら、疫病から逸れることができた故事に基づきます。

 このように古代・中世を通じて行われた大祓ですが、残念なことに応仁の乱によって長い間、大祓の行事が行われなくなってしまったのです。しかしこれをもとのように再興したのが、実は明治天皇さまなのです。

 明治4年、明治天皇さまの思し召しで賢所の前庭にて大祓が行われ、翌5年には全国の神社で行うように布告が出て、以来応仁の乱により400年間も途絶えていた大祓が再興されるようになったのです。
国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問