メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
御祭神関係
ショートヘアの先駆者は明治天皇さまって本当ですか?
 Answer
 「ザンギリ頭をたたいてみれば文明開化の音がする」
 明治の時代、近代日本を象徴する一つがヘアースタイルでしょう。日本の長い間つづいた伝統のチョンマゲを廃止して、今のようなヘアースタイルにするのは大変だったようです。

  明治以前にも幕末の志士、坂本龍馬や伊藤博文などのようにチョンマゲを切った武士もいましたが、多くの人たちはチョンマゲのままでした。
 明治4年8月9日に「脱刀の許可」と共に「散髪の許可」がいっしょに出されましたが、長年親しんできたチョンマゲをあっさりと簡単に切ることは出来なかったようで、ある県ではチョンマゲのままの人に税を課せるなどして、散髪を励行したそうです。そしておもしろいのは当初は男性よりも女性のほうが好んで散髪しました。当時の新聞には「女子の断髪は見るに忍びず」(明治5年3月新聞雑誌)「婦女子の髪は従来通り」(明治5年4月新聞雑誌)などの記事があり、近来婦女子がザンギリ頭になるのは趣意を取り違えていると批判しています。そしてあげくの果てには政府から5年の4月「女子断髪禁止令」が出るほどでした。現代なら男女不平等・男女差別で訴えかねないところです。

 さて明治天皇は近代化を進めるにあたって率先して御自ら実行しなければいけないとお考えになられ、明治6年3月20日ご断髪なさったそうです。この日いつものようにきれいに御髪(おぐし)を結い上げて、御学問所(天皇または皇太子の修学する所)へ出御(天皇・三后がお出ましになること)された陛下が、そのお帰りにはすっかり散髪・ショートヘアーになさっていたので、お迎えに出ていた女官たちが大いに驚いたと伝えられています。そして陛下の御断髪をきっかけに庶民もこれにならって、われ先に散髪を行うようになり、断髪の普及をつくるきっかけとなりました。
国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問