メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
御祈願に関するよくある質問
還暦祝
 
男女数え六十一歳を祝う古くからの美風です。
 

Answer

 太陰暦では十干、十二支の組み合わせが六十年毎にもとに還るので本掛けがえりとも、第二の誕生を迎えるとも言い、神社へ参拝して感謝の誠を捧げ、心新たにお祝いしましょう。
 
 更に七十歳は古希(こき)、七十七歳は喜寿(きじゅ)、八十歳は傘寿(さんじゅ)、八十八歳は米寿(べいじゅ)、九十歳は卒寿(そつじゅ)、九十九歳は白寿(はくじゅ)、百歳は百寿(ひゃくじゅ)などと称し、寿祭として奉告参拝しお祝いします。
国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問