明治神宮ロゴ
  -
  最新情報
-

30.2.15更新

 
御社殿の屋根葺替えの状況

写真 写真
現在の社殿外観 外拝殿の榊

 明治神宮では現在、鎮座百年祭記念事業の一環として御社殿群の銅板屋根葺替え工事を行っております。
 工事は外拝殿の銅板屋根葺替え工事を終え、内拝殿、本殿へと進んでいきます。
 内拝殿、本殿の工事を行うにあたり、御祭神には仮殿にお遷(うつ)りいただきます。現在はそのための仮殿造営工事を行っており、仮囲いが設けられ、外拝殿中央に榊を立てております。5月には仮殿への遷座祭(せんざさい)が執り行われます。
 また、第一駐車場は明治神宮ミュージアムの新設に当たり、閉鎖いたしております。文化館は引き続き営業しております。
 ご参拝の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

鎮座百年記念事業ページはこちら




2月17日は祈年祭 五穀豊穣を祈る大切なお祭りです

写真  
祭典に向かう神職  

 2月17日、祈年祭(きねんさい)が執り行われます。
 祈年祭とは五穀豊穣をお祈りするお祭りで「としごいのまつり」とも呼ばれます。また、11月23日に執り行われる新嘗祭(にいなめさい)は豊作に感謝する収穫祭であることから、対になるお祭りでもあります。
 明治神宮では、午前10時から祭典が執り行われ、巫女の神楽「浦安の舞(うらやすのまい)」が奥ゆかしく舞われます。
 豊かな実りを祈り、暖かい食事をいただけることが当たり前と思わず、自然の恵みに感謝しましょう。




中庭に仮殿を造営しています

写真 写真
起工清祓式(1月16日) 御用材を積んだトラックと神職(1月29日)

写真  
建方工事始清祓式(1月29日)  

 御社殿群の修復工事も外拝殿が終わり、御本殿にさしかかるにあたり、両御祭神にお遷(うつ)りいただく仮殿の造営工事が始まりました。
 1月16日に仮殿起工清祓式、同29日には、仮殿の御用材修祓式並びに建方工事始清祓式が行われました。29日午前8時、御用材がトラックで代々木口から入苑し、神職が参道をお祓いしながら本殿近くまで運ばれました。この後、午前10時から建方工事始清祓式が行われました。
 今年5月の仮遷座祭までの間、仮殿建設のため仮囲いをして、外拝殿中央に榊を設えております。




消防訓練を行いました

写真  

 文化財防火デーの1月26日、明治神宮で綜合消防訓練が行われました。
 例年、渋谷消防署協力のもと明治神宮職員による消火救助訓練を実施しています。
 本年は外拝殿付近で出火したとの想定で実施し、地域消防団と明治神宮自衛消防隊も加わり訓練が行われ、貴重な御社殿、そして参拝者をお守りするという意識を高めました。今年は特に気温が低く、凍結の恐れがあるため、放水は行われませんでした。




春の大祭奉祝 第138回明治記念綜合短歌大会のご案内

 5月6日、春の大祭を奉祝し、第138回明治記念綜合短歌大会を開催します。一般の方をはじめ、小・中・高生の献詠もお待ちしております。
 当日は、午後零時30分に御社殿で献詠歌奉奠奉告式が開催され、午後1時より参集殿で表彰式(参加費不要・来会者には作品集を贈呈します)が行われます。


献詠歌募集要項
献詠歌: 未発表の近詠(1人1首厳守)
用 紙: ※はがきに限る(詠草は歴史的仮名遣<小・中・高生は現代仮名遣>楷書で氏名には振仮名を付す)
※郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢を明記
※小・中・高生は、校名と学年も記すこと
締切日: 平成30年2月26日(月)必着
選 者: 阿木津英・小島ゆかり・篠弘・穂村弘(敬称略五十音順)
選歌発表: 平成30年5月6日(日)歌会当日(明治神宮参集殿にて)
賞:
一般 特選 10名
  入選 20名
  佳作 170名
小・中・高生 秀逸作 若干名
※入賞の方には事前にご通知致します
※記念品を贈呈致します。
送り先: 〒151−8557
東京都渋谷区代々木神園町1−1
明治記念綜合歌会A係 電話 03(3379)5511

奉奠奉告式(ほうてんほうこくしき)
日 時: 平成30年5月6日(日)午後零時30分
場 所: 明治神宮御神前
※参列ご希望の方は、参集殿に午前11時30分までにお集まりください
写真

第138回明治記念綜合短歌大会
日 時: 平成30年5月6日(日)午後1時
場 所: 明治神宮参集殿
歌会内容: 入賞歌発表
表彰
講演 連続短歌講座《近現代歌人の家族詠 第1回》
「石川啄木―家族の歌を中心に」
講師:小池 光 氏
選評
会 費: 無料
来会者には作品集を贈呈致します。
作品集郵送ご希望の方は300円分切手同封の上お申し込み下さい。
主 催: 明治神宮献詠会 明治記念綜合歌会
電話 03(3379)5511
写真




[最新情報に戻る]