明治神宮ロゴ
  -
  最新情報
29.4.17更新
 
ご参拝の皆さまへ

写真
拝殿前の様子(平成29年4月6日)

 明治神宮では現在、鎮座百年記念事業の一環として御社殿群の銅板屋根葺替え工事を行っておりますが、平成29年からいよいよ拝殿にも差しかかってきました。
 4月20日頃まではテント内での参拝(写真上)となります。また、これから工事は内拝殿、本殿へと進んでいきます。工事がすべて終了するのは平成31年秋となります。ご理解とご協力をお願いいたします。

鎮座百年記念事業ページはこちら




昭憲皇太后基金の配分を発表

写真
銅版屋根葺替え工事中のため、テントが設置された

 4月11日は御祭神・昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)のご命日にあたり、明治神宮では午前10時から昭憲皇太后祭が行われました。この日にあわせ、スイスにある「昭憲皇太后基金合同管理委員会」より、開発途上国の社会福祉や青少年育成のために各国の赤十字社・赤新月社への基金の利子配分が発表されました。
 同基金は、昭憲皇太后の御心によって平時の救護事業のため、明治45年に創設され、今日に至るまで100年以上にわたり、世界中の保健衛生事業や災害救護活動に充てられてきました。

 昭憲皇太后基金とは

 今年は総額約3,600万円(32万4,000スイスフラン)で、配分は次の通りです。

 スワジランド赤十字社 (アフリカ)
 水・衛生環境の改善(約303万円)

 チャド赤十字社(アフリカ)
 「母親のクラブ」の促進(約216万円)

 ギニア赤十字社(アフリカ)
 地域の衛生環境の改善(約331万円)

 トーゴ赤十字社(アフリカ)
 若年層の献血推進(約309万円)

 アンティグア・バーブーダ赤十字社(南アメリカ)
 地域との連携強化(262万円)

 アルゼンチン赤十字社(南アメリカ)
 救急法の普及(約313万円)

 ニカラグア赤十字社(南アメリカ)
 活発的で健康的に年をとるためのプログラムの促進(約246万円)

 フィリピン赤十字社(アジア大洋州)
 災害等に対応する能力の強化活動(約228万円)

 カンボジア赤十字社(アジア大洋州)
 若者に対ずる交通安全の強化(約277万円)

 ジョージア赤十字社(ヨーロッパ)
 青少年の活動を促進(約311万円)

 キルギス赤新月社(ヨーロッパ)
 歩行者と運転手の交通安全の促進(約224万円)

 クロアチア赤十字社(ヨーロッパ)
 医療の充実(約249万円)

 レバノン赤十字社(中東・北アフリカ)
 赤十字の人道的価値と原則の普及(約249万円)




南参道鳥居(第一鳥居)御用材 釿始祭(ちょうなはじめさい)

写真 写真
釿始祭 南参道鳥居

 明治神宮は平成32年鎮座百年を迎えるにあたり、記念事業として南参道鳥居(第一鳥居)を建て替えます。4月5日に山形県酒田市で、この御用材の釿始祭(ちょうなはじめさい=木材の製材するための最初のお祭り)が明治神宮の神職と工事関係者の奉行・工匠の役により執り行われました。
 明治神宮の鳥居はこれまで全て檜製でしたが、初めて杉材が使用されます。平成33年以降に竣功する予定です。山形県酒田市にある製材所では、昨年建て替えた南玉垣鳥居(第三鳥居)も製材しました。




春の大祭 祭典と奉祝行事

写真 写真

 4月29日から5月3日まで「春の大祭」が行われます。
 5月2日、3日には昭和21年に結成された明治神宮崇敬会の会員が参列して、祭典が執り行われます。世界平和を祈る昭和天皇の御製(ぎょせい)からつくられた神楽「浦安の舞」が舞われます。


祭典日程
5月2日  10:00 春の大祭第一日の儀 御社殿
14:00 春の大祭第一日夕御饌の儀 御社殿
5月3日 10:00 崇敬者大祭 御社殿

 大祭期間中は、御社殿前に神前舞台を設置し「舞楽」や「能・狂言」などさまざまな伝統芸能が奉納され、どなたでもご覧いただけます。
 新緑の広がる境内ではフジやツツジ、なんじゃもんじゃ(ひとつばたご)などが見ごろを迎えます。
 大祭で賑う境内で日本の伝統文化や森の息吹を感じてみてはいかがでしょうか。


奉祝行事日程
4月29日 11:00 舞 楽
振鉾(えんぶ)
桃李花(とうりか)
皇仁庭(おうにんてい)
長慶子(ちょうげいし)
神前舞台
5月2日 11:45 能・狂言
狂言:清水(しみず)
半能:須磨源氏(すまげんじ)
神前舞台
15:45 邦楽邦舞
老松(おいまつ)
君が代松竹梅(きみがよしょうちくばい)
神前舞台
5月3日 11:30 明治神宮崇敬会郷土芸能奉納
@重松流 囃子

西多摩支部(羽村市東町稲荷神社<八雲神社>社中)
A川越氷川の山車行事
川越支部(信亀会囃子連(若狭流))
B目黒囃子
目黒支部(目黒囃子東が丘保存会)
第二鳥居(大鳥居)
前特設舞台
12:00 三曲
松上の鶴(しょうじょうのつる)
千鳥の曲(ちどりのきょく)
神前舞台
14:30 薩摩琵琶
櫻井の駅(さくらいのえき)
桶狭間(おけはざま)
神前舞台
5月5日 9:00 弓道大会  武道場至誠館
第二弓道場
10:00 神宮の森のこいのぼり子供大会  御社殿・宝物殿前
5月7日 13:00 明治記念綜合短歌大会  参集殿
※雨天の場合、奉祝行事等場所が変更になることがあります。




「神宮の森のこいのぼり子供大会」に参加しませんか

写真 写真

 端午の節句にあたり「神宮の森のこいのぼり子供大会」を開催します。
 神楽殿で子供たちの健やかな成長を祈願した後、宝物殿前の芝地で子供たちの願いごとを書いたこいのぼりを空高く泳がせたり、広い芝地ならではの開放感のある遊びも企画しています。ぜひ親子おそろいでお申し込み下さい。

神宮の森のこいのぼり子供大会
日 程 平成29年5月5日(祝)
※雨天の場合は内容を変更して開催します
集 合 午前9時 御本殿前受付(午後3時頃終了予定)
参加費 無料
対 象 小学校6年生まで
参加したお子様にお土産として、ちまきを差し上げます
持ち物 お弁当・レジャーシート
参加申込 4月14日(金)午前10時より受付開始。
電話で下記までお申し込み下さい
※親子あわせて600名、定員に達し次第締切
申し込み・
問い合わせ先
「明治神宮児童文化会」
電話 03−3379−9123
受付時間 月〜金9:00〜12:00、13:00〜17:00




5月5日、御祈願祭ご希望の皆さまへ

 5月5日は、「神宮の森のこいのぼり子供大会開催奉告式」がありますので、 神楽殿での午前10時の御祈願祭はございません。ご了承下さい。

※午前9時30分の次回は午前10時30分となり、以降通常通り執り行います。




[最新情報に戻る]