明治神宮ロゴ
  -
  最新情報
- 28.12.15更新
 
初詣特集をアップしました!

写真

 初詣特集ページを作成しました。
 年の瀬を迎え、平成28年も残りわずかとなりました。一年の無事を感謝し、日々お守り下さっている神様に手を合わせ、新たに迎える年の隆昌をお祈りしましょう。
 初詣は氏神さまとともに、明治神宮へどうぞお参りください。

 初詣特集はこちら




聖徳記念絵画館に行幸啓

写真 写真
聖徳記念絵画館 絵画館行幸啓

 平成28年は明治神宮外苑創建90年という節目の年でした。
 明治神宮は御神霊がお鎮まりになる内苑とともに、御祭神の事績を壁画によってたどる聖徳記念絵画館を中心に野球場等スポーツ施設を擁する外苑とで成り立っています。
 90年事業として、絵画館では開館以来初の特別展を10月22日から11月20日まで催し、11月11日には天皇・皇后両陛下の行幸啓を賜りました。




「和の心〜雅楽・武道〜」公演を開催しました

写真 写真

写真 写真


 12月10日、「和の心〜雅楽・武道〜」公演を開催しました。
 本公演は内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託事業として、実施されました。
 会場となった明治神宮会館には各国の大使をはじめとする在京の外国人約300人を含む延べ1,3
00人の来場者を迎えました。
 第一部「雅楽」(明治神宮神職・巫女)、第二部「武道」(明治神宮武道場至誠館)の二部構成で解説や講演(ヤドヴィガ・ロドヴィッチ 元駐日ポーランド共和国特命全権大使)を交えながら演奏、演武が披露されました。第二部には秋篠宮・同妃両殿下が御臨席になり、剣道、弓道、合気道、鹿島の太刀をご覧になりました。




えと絵馬をおわかちしています

写真  

 平成29年の干支(とり=酉)が描かれた絵馬を授与所でおわかちしています。
 十二支の十番目である酉には、作物が実って収穫できる状態、つまり豊作や商売繁昌という意味があり、のちに人々が覚えやすいように動物の「鶏」が割り当てられました。
 鶏は古来より、夜と朝を分ける存在として親しまれ、神事芸能などにも多く取り入れられています。
 新春にあたり、平成29年が実りある一年となるよう、まごころをこめて謹製いたしました。
 例年好評をいただいており、数に限りがございますので、早めにお求めください。




「明治神宮 名宝展」のご案内

写真

 本展示では、明治を生きていた人々にとっての美とは何であったのかに迫ろうというものです。明治天皇がお召しになっていた装束や洋服、調度品を併せて展示します。

会 場: 文化館宝物展示室
会 期: 平成28年12月10日(土)〜平成29年1月29日(日)
時 間: 9:00〜16:30(入場は閉館の30分前まで)
※初詣期間中の延長開館あり
施設維持協力金: 500円
お問い合せ: 明治神宮文化館 宝物展示室(03−3379―5875)




大祓(おおはらえ)のご案内

写真  

 12月31日午後2時から第三鳥居横の祓舎(はらえしゃ)で大祓(おおはらえ)を行います。
 大祓とは日々の生活の中で溜まった罪や穢(けがれ)を6月と12月の半年ごとに祓い清め、続く半年も健全に過ごせるように願う神事です。6月の大祓を夏越(なごし)の祓、12月の大祓を年越の祓ともいいます。
 上記の時間までにお集まりいただければ、どなたでもご参列いただけます。
 お祓いを受け、晴れやかな気持ちで新年を迎えてみてはいかがでしょうか?

大祓とは




第63回全国少年新春書道展 入選作決まる

写真  

 第63回全国少年新春書道展(主催・明治神宮書道会)の審査会が行われ、全国の小中学生から応募された26,230点のうち、特選300点(小学生195点、中学生105点)準特選121点(小学生79点、中学生42点)が決まりました。
 新年1月5日には御神前で授賞奉告式、明治神宮会館で授賞式が行われ、特選の作品は御本殿前の廻廊に1月5日から同月30日まで展示されます。

詳細はこちら




[最新情報に戻る]