11月の杜のみどころ

■ 明治神宮の杜は都会のオアシス。この自然をたいせつに見守って下さい。

[ 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月 ]

杜の草木たち

写真
キジバト
キジバトが水を飲んでいました。キジのような模様が名の由来です。 (平成29年11月29日撮影)

写真
ドングリの発根
ドングリが割れて、根を張っていました。御苑の苑路脇で観察できます。 (平成29年11月29日撮影)

写真
イチョウ
北口のイチョウが色づいていました。 (平成29年11月29日撮影)

写真
カマキリ
葉の裏にカマキリがいました。社務所近くで見つけました。 (平成29年11月7日撮影)

写真
マガモ
北池にマガモがいました。冬のみ日本にやってくる渡り鳥です。 (平成29年11月21日撮影)

写真
タチカンツバキ
タチカンツバキが咲いていました。宝物殿の東側で開花していました。 (平成29年11月21日撮影)

写真
ツバキ
ツバキが開花していました。花の少ない時期なので目立ちます。 (平成29年11月1日撮影)

写真
マンリョウ
南参道・神橋付近で、マンリョウを見つけました。漢字名は「万両」です。 (平成28年11月30日撮影)

写真

写真
サザンカ
境内でサザンカが咲いています。開花する樹が少ない時期なので、よく目立ちます。(平成28年11月30日撮影)

写真
ヤブツバキ
ヤブツバキが開花していました。八重咲きの花が印象的です。 (平成28年11月14日撮影)

写真
イイギリ
イイギリが結実していました。落葉してもしばらく実がついていることがあります。 (平成28年11月14日撮影)

写真
センリョウ
北参道脇のセンリョウが実をつけていました。漢字名は「千両」です。 (平成28年11月15日撮影)

写真
キンクロハジロ
御苑南池でキンクロハジロを見つけました。冬のみ日本にやってくる渡り鳥です。 (平成28年11月16日撮影)

写真
ハクセキレイ
境内で、ハクセキレイを見つけました。人間が近くにいても気にもしていない様子でした。 (平成28年11月3日撮影)

写真
クスノキ
クスノキが実をつけていました。黒く熟した実が目立ちます。 (平成28年11月8日撮影)

写真
ムラサキシキブ
御苑の菖蒲田付近のムラサキシキブが実をつけていました。紫色の実が印象的です。 (平成28年11月8日撮影)

写真
マルバフジバカマ
武道場の近くで、マルバフジバカマを見つけました。境内では、似た種類のフジバカマもありますが、本種と違い葉と茎をつなぐ葉柄(ようへい)がとても短くなっています。(平成27年11月12日撮影)

写真

写真
ムクロジ
宝物殿前の芝地では、ケヤキやサクラが紅葉しはじめています。写真は、ムクロジの木です。(平成27年11月12日撮影)

写真
紅葉
代々木口で見つけた真紅の植物、ウルシ。人によっては近くを通るだけでもかぶれますので、注意が必要です。まさに、「キレイなものには毒がある!」。(平成26年11月20日)

写真
カマキリの卵
秋の大祭で、多くの参拝者の往来があったので心配して確認しに行きました。同じ場所に、同じ状態の卵を見つけ、一安心しました。10月に見たときよりも、卵の色が黒ずんでいました。(平成26年11月5日撮影)

写真
ノバラの実
西参道でノバラの実が生っているのを見つけました。この果実は薬として使うことができるようです。(平成25年11月20日撮影)

写真
ヤツデ
参道各所でヤツデの花を見ることができます。(平成25年11月20日撮影)

写真
コムラサキの実
社務所脇でコムラサキの実が生(な)っていました。ムラサキシキブとの見分け方は、葉の先半分にだけ鋸歯があるという点です。(平成25年11月8日撮影)

写真
カエデ
御苑の四阿(あずまや)近くのカエデがみごとに紅葉していました。明治神宮の杜はこれから色づいていきます。(平成24年11月22日撮影)

写真
カルガモ
北池では、カルガモ達が楽しそうに泳いでいました。(平成24年11月24日撮影)

写真
ナナミノキ
御苑の菖蒲田の近くで、ナナミノキの果実がついていました。名前の由来にはいくつかの説があり、実の形が斜めである事からついたとも言われています。(平成24年11月6日撮影)

写真
サンゴジュ
社務所と神楽殿の間にある車道で、ふと空を見上げるとサンゴジュの実が生(な)っていました。サンゴジュは、スイカズラ科ガマズミ属の小高木です。ずいぶん高いところにあるので、なかなか気がつきません。(平成24年11月8日撮影)



トップへ
(C)明治神宮 All Rights Reserved.