7月の杜のみどころ

■ 明治神宮の杜は都会のオアシス。この自然をたいせつに見守って下さい。

[ 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月 ]

杜の草木たち

写真
ヤブミョウガ
ヤブミョウガの花が咲いていました。ミョウガの葉と似ていることから命名されたそうです。 (平成29年7月27日撮影)

写真
エゴノキ
西参道沿いでエゴノキが実をつけていました。 (平成29年7月27日撮影)

写真
ミズキ
ミズキの実をカラスがついばんでいました。 (平成29年7月27日撮影)

写真
クワガタ
社務所の近くで見つけました。コクワガタのメスでしょうか。 (平成29年7月10日撮影)

写真
ノカンゾウ
宝物殿前の芝地にノカンゾウが咲いていました。花は黄色に近いものや橙に近いものなどさまざまでした。 (平成29年7月14日撮影)

写真
ヤマユリ
正参道の枡形に咲いていました。山地に自生することから命名されたそうです。 (平成29年7月14日撮影)

写真
タシロラン
車道脇にタシロランが生えていました。林内の日陰に多く見られました。 (平成29年7月3日撮影)

写真
カルガモ
南池・御釣台の脇にカルガモがいました。一年中同じ地域で生活する、留鳥です。 (平成28年7月23日撮影)

写真
ノハラアザミ
菖蒲田付近にノハラアザミが生えていました。人の背丈ほどの高さと、葉や茎のとげが印象的です。 (平成28年7月23日撮影)

写真
キツネノカミソリ
御苑にキツネノカミソリが咲いていました。葉は、花が咲く頃に枯れてしまいます。 (平成28年7月23日撮影)

写真
バッタ
芝地で飛び跳ねる昆虫を見つけました。バッタ類の幼虫のようです。 (平成28年7月23日撮影)

写真
ヒヨドリジョウゴ
ヒヨドリジョウゴが開花していました。他の植物に巻きついて生長する、弦(つる)植物です。 (平成28年7月23日撮影)

写真
ツユクサ
花は半日でしぼんでしまいます。染料に使用していたことなどから、色がつく「着草(つきくさ)」が転化したのが名の由来だそうです。 (平成28年7月23日撮影)

写真
カブトムシ
カブトムシのメスを見つけました。社務所の近くを歩いていました。 (平成28年7月30日撮影)

写真
ノコギリクワガタ
北参道沿いの燈籠(とうろう)にノコギリクワガタがいました。大きな角が印象的でした。 (平成28年7月1日撮影)

写真
シラカシ


写真
スダジイ

どんぐり結実
参道沿いの木々にどんぐりが結実しています。シラカシは1年、スダジイは2年目に成熟します。(平成28年7月19日撮影)

写真
ウバユリ
境内でウバユリが咲いていました。大きなものは、人の背丈ほどの高さになります。 (平成28年7月20日撮影)

写真
ハエドクソウ
漢字で書くと、蝿毒草。根を煮詰め、その汁でハエ取り紙をつくっていたのが由来だそうです。別名「ハエトリソウ」とも呼ばれます。(平成27年7月22日撮影)

写真
キノコ
クスノキの老木近くに、大きなキノコが生えていました。幅が50センチ以上はありそうでした。(平成27年7月29日撮影)

写真
イヌビワ

写真
ホソバイヌビワ

イヌビワ
実の味が、ビワより味が劣るためにこのように名づけられたようです。実際は、クワ科イチジク属。境内では、変種のホソバイヌビワも見ることができます。(平成27年7月31日撮影)

写真
ミドリハカタカラクサ
漢字名は、緑博多唐草。葉も茎も濃い緑色でおしべの周りにたくさんヒゲがあるのが、類似するツユクサとの大きな違いです。武道場付近で開花していました。(撮平成27年7月11日撮影)

写真
ヨツバヒヨドリ
上からのぞきこむと交互に対生した葉が四つに見え、細かい花の集まりが鳥類のヒヨドリの頭部のようだから、と命名されたそうです。南池の四阿(あずまや)周辺で見ることができます。(平成27年7月10日撮影)

写真
ヘクソカズラ
もんだりつぶれたりすると悪臭がするのが、名の由来だそうです。万葉集に、古名「クソカズラ(屎葛)」として詠まれています。(平成27年7月11日撮影)


写真
ミズヒキ
のし袋や贈答品に使われる水引(みずひき)を思わせるため、ミズヒキという名になったそうです。西参道沿いで咲いているのを見ることができます。(平成27年7月14日撮影)

写真
オオゲジ
境内施設の天井に、オオゲジがいました。ゲジ(通称ゲジゲジ)の大型種。環境の変化に敏感で、個体数も少ないといわれています。(平成27年7月14日撮影)

写真
アオスジアゲハ
御苑でアオスジアゲハが舞っていました。黒と青緑色の羽が目立ちます。幼虫はクスノキの葉を好むとのこと。明治神宮で生まれ、羽化したのでしょうか。(平成27年7月14日撮影)

写真
ジャノヒゲ
ジャノヒゲが、葉影に房状の花を咲かせています。草丈は、人間の足のくるぶしほどしかありません。(撮影:平成27年7月2日)

写真
ヤブカンゾウ
北池のほとり、ノカンゾウの隣でヤブカンゾウが咲いていました。花が八重咲きであることが特徴です。(平成25年7月11日撮影)

写真
セイヨウアジサイ
客殿裏にある桜の木の根元でセイヨウアジサイが咲いていました。梅雨の訪れを感じますね。(平成25年7月5日撮影)

写真
タシロラン
今年も境内のあちこちでタシロランが咲きはじめました。明治神宮の杜が豊かである象徴だそうです。(平成25年7月5日撮影)

写真
シロツメクサ
御苑の芝地でシロツメクサが咲いています。花や若葉は食用になるそうです。別名オランダゲンゲ・クローバー。(平成25年7月5日撮影)

写真
トラノオ
花穂が虎の尾に見えることから、この名前がついたようです。かわいらしいですね。(平成24年7月5日撮影)



トップへ


(C)明治神宮 All Rights Reserved.