2月の杜のみどころ

明治神宮の杜は都会のオアシス。この自然をたいせつに見守って下さい。

[ 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月 ]

杜の草木たち

写真
シロハラ(平成31年2月4日撮影)

写真
ノスリ(平成31年2月4日撮影)

写真
アオサギ(平成31年2月14日撮影)s

写真
アオジ(平成31年2月14日撮影)

写真
ルリビタキ(平成31年2月14日撮影)

写真
ダイサギ(平成31年2月20日撮影)

御苑の鳥
苑路や南池で、野鳥の行き交うのに出会いました。

写真
アセビ
隔雲亭前の植え込みで、アセビが咲いていました。 (平成31年2月14日撮影)

写真

写真
ウグイスカグラ
御苑で、ウグイスカグラが咲いていました。見逃しそうな、小さな花でした。(平成31年2月1日撮影)

写真
カマキリの卵
木の枝に、カマキリの卵が着いていました。 (平成31年2月1日撮影)

写真
アオジ

写真
シジュウカラ

写真
ヤマガラ

写真
ルリビタキ

御苑の鳥
御苑の苑路沿いを、鳥が飛び交っていました。(平成31年2月4日撮影)

写真
紅梅
紅梅が咲いていました。菖蒲田近くで撮影しました。 (平成31年2月4日撮影)

写真

写真

ウグイスカグラ
御苑でウグイスカグラが開花していました。1センチに満たない花です。(平成30年2月27日撮影)

写真
アカマツ

写真
クロマツ

松ぼっくり
宝物殿付近で、松ぼっくりがなっていました。アカマツとクロマツです。(平成30年2月14日撮影)

写真
シロハラ
御苑にシロハラがいました。名のとおり、白いおなかが特徴です。 (平成30年2月15日撮影)

写真

写真
アセビ
隔雲亭前では、アセビが開花していました。5ミリほどの花が房状になっています。(平成30年2月15日撮影)

写真
紅梅
菖蒲田の近くで紅梅が開花していました。まだ、つぼみが多くついていました。 (平成30年2月5日撮影)

写真
どんぐり
発芽前のどんぐりです。御苑の苑路で見つけました。 (平成30年2月5日撮影)

写真
エナガ

写真
シジュウカラ

写真
ジョウビタキ

御苑の野鳥
暖かい日差しのもと、多くの野鳥が飛び交っていました。エナガ、シジュウカラ、ジョウビタキに出会いました。(平成29年2月25日撮影)

写真
カワウ
御苑の南池にカワウがいました。しきりに羽を広げる動作をしていました。 (平成29年2月25日撮影)

写真
ホオジロ
御苑の隔雲亭前で、ホオジロに出会いました。口に何かをくわえているように見えましたが、どんぐりでしょうか。 (平成29年2月17日撮影)

写真
紅梅

写真
白梅

ウメの開花
紅梅が見ごろを迎えています。白梅は咲き始めでした。菖蒲田を見下ろすことのできる四阿(あずまや)の脇で開花しています(平成29年2月17日撮影)

写真
キジバト
木にとまっている、キジバトを見つけました。国鳥のキジに体色が似ていることが名の由来です。 (平成29年2月6日撮影)

写真
アオジ
御苑でアオジを見ました。鮮やかな色の冬羽がきれいです。(平成28年2月29日撮影)

写真
コサギ
御苑の南池でコサギに出合いました。空から急降下してきたので駆け寄ると、水面をついばんでいるところでした。食物を探しているのでしょうか?(平成28年2月29日撮影)

写真
ウグイスカグラ
菖蒲田の四阿(あずまや)付近で、ウグイスカグラが咲いています。開花のみで、まだ葉は開いていませんでした。(平成28年2月29日撮影)

写真
マガモ
北池で、マガモのメスが日向ぼっこをしていました。風もなく、水面に姿が映っていました。(平成28年2月8日撮影)

写真
マガモとキンクロハジロ
北池で、マガモとキンクロハジロが泳いでいました。手前がマガモ、緑っぽい頭が特徴です。奥の腹とくちばしが白いのは、キンクロハジロです。(平成28年2月8日撮影)

写真
メジロ
御苑の南池・四阿(あずまや)付近でメジロを見ました。早口でさえずり、飛び去って行きました。(平成28年2月9日撮影)

写真

写真
カワウ
カワウが、御苑の南池を泳いでいました。小さな魚を捕っているところでした。 (平成28年2月9日撮影)

写真
コゲラ
御苑の四阿(あずまや)付近で、コゲラを見かけました。木の幹を下から上へ移動しているところでした。(平成28年2月16日撮影)

写真
ノスリ
南池の畔の木に、ノスリがとまっていました。発見したときは、何羽かのカラスに追われているところでした。(平成28年2月16日撮影)

写真
カルガモ
北池にカルガモがいました。多くのマガモに交じって2羽だけ。北池、南池共に留鳥として生息しているので、高い確率で観察できます。(撮影:平成27年2月27日)

写真
ドングリの芽吹き
御苑入り口付近に根付いたどんぐりが、ついに殻を脱ぎ捨てました。子葉という黄色い部分が栄養素となり、茎と葉が生育していきます。(撮影:平成27年2月16日)

写真
キンクロハジロ
北池にキンクロハジロが泳いでいました。オス・メス共に真っ黒で、後頭部の羽が垂れ下がっています。この日出会ったのは、後ろ髪が短めなので、メスのようです。(平成27年2月16日)

写真
ツグミ
御苑の笹薮の中を走り抜けていったのは、ツグミ。そっと歩いていたときの、ほんの一瞬の遭遇でした。(撮影:平成27年2月16日)

写真
どんぐりの発根
昨秋のどんぐりが、発根を始めました。とがったほうから根が出ていますね。さて、芽はどこから出るでしょうか? 境内の参道脇で、ぜひ観察して見てください。(撮影:平成27年2月3日)

写真
ヤマガラ
御苑のツツジなど低木の多い場所で、地面を歩いたり、木の梢に飛び移ったり。人にもなれていて、近づいても逃げませんでした。(撮影:平成27年2月3日)

写真
コゲラ
一本の木を、何度も上下に移動していました。エサを探しているようでした。(撮影:平成27年2月3日)

写真
シジュウカラ
普段は、地上でエサ探しをするそうです。この日は、木々を行き交い楽しそうに飛び回っていました。(撮影:平成27年2月3日)

写真
タネツケバナ
御苑の菖蒲田脇道にタネツケバナが咲いていました。種もみを水に漬ける時期がこの花の開花と同時であったことに名前の由来があるそうです。(平成25年2月22日撮影)

写真
若葉
境内の杜に春風が吹きこまれ、枯葉の中から若葉が顔を出しました。(平成24年2月11日撮影)

写真
ツバキ
気象庁によると、今年は降雪日が都心で9日もあり、例年よりも多いそうです。その9日目の降雪の折、ツバキが雪の中、力強く咲いていました。(平成22年2月18日撮影)

写真
カンヒザクラ
神宮会館研修所の入口でカンヒザクラが咲いています。花が下に向いて半開きで咲くのが特徴です。(平成21年2月18日撮影)


スズメ
宝物殿前の芝地、国旗掲揚等の基台にスズメが30羽ほど日向ぼっこをしていました。(平成21年2月12日撮影)

写真

いつもは1月中につぼみがほころびはじめるのですが、今年は2月になってようやく咲きました。(平成20年2月8日撮影)

写真
ノシランの実
ノシランの実が瑠璃色(るりいろ)に色づきました。広葉樹林帯で育つノシランは8月〜9月ごろに純白の花を咲かせます。(平成20年2月26日撮影)

トップへ
(C)明治神宮 All Rights Reserved.