明治神宮とは


 明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)をおまつりする神社です。

 明治45年7月30日、明治天皇が崩御(ほうぎょ)されると直ちに、明治天皇をおまつりする神社をとの声がわきおこりました。

 明治天皇のあとを追われるように、大正3年4月11日、昭憲皇太后がお隠れになりました。

 明治天皇と昭憲皇太后をおまつりして御聖徳(ごせいとく)を永遠に敬い、お慕いしたいとの国民の熱望によって、大正9年11月1日、明治神宮が代々木の地に鎮座(ちんざ)しました。

 現在、まるで自然林のようにみえる境内の杜(もり)は、明治神宮を創建する際につくられた人工の杜です。



 全国からのおよそ10万本の献木が、のべ11万人の手で植えられました。100年後、150年後の遷移を視野にいれ、人工の杜が天然更新していくようにと計画された、「永遠の杜」づくりでした。

 現在、都会の中での貴重な杜として、人々に安らぎを与えるだけでなく、希少な植物や野鳥をも育んでいます。


 聖徳記念絵画館を中心に、神宮球場や銀杏並木でおなじみの神宮外苑、総合結婚式場の明治記念館、いずれも明治天皇・昭憲皇太后の御神徳を仰ぎつつ、よりよい社会・国づくりのために力を尽くしています。


トップへ
(C)明治神宮 All Rights Reserved.